--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月21日 (21:14)

悪魔とダニエル・ジョンストン

20070621211318.jpg

上映中、○と「観たいねえ」といっていたドキュメンタリーフィルム。
kの人の音楽は「まあ好き」な位置づけだったので、何年か前の来日ライブもさほど気を引かなかった。
でもこの映画は観たいとずっと思っていたので(面白いだろうという確信があった)、TSUTAYAで見つけるやいなやすぐに借りて観た。

この人の逸話はまあよく知られているけど、映像を通して観てみると改めて驚かされる。

音楽に没頭する人間に特有のメンタリティーを、世間はよく「精神の弱さ」で片付けるけれど、なぜそこで「弱さ」という、「強さ」を奨励することを前提とした語を使うのだろうか。

根性あるやつを否定しないし、それはそれで大したもんだと思うけど、できない人間を「根性ない」というのはヤメテオクレヨ。

精神の強さや根性って、芸術を愛する人間の必要条件じゃないわけだし。

というわけで、最初から最後まで号泣しながら観終えたのでした。

オススメ
スポンサーサイト
カテゴリ : 映画記事のURL コメント (11) トラックバック (0)

コメント

へえ、
こういう人いるんだあ。
初めて知りました。
やはりこのブログは、
使える情報局。
これからも期待してます。
パク森カレーうまかった。

まあ亜米利加のローファイブームとかね、カウンター・カルチャーはゴロアートは興味なさそうだったからねえ。
近年の音楽、ほとんど聴かないでしょwそれはそれでいいことだと思うし、うらやましい面もあるよ。
パク森は最近食ってないなあ。

ロック、
ジャズ、
クラスィック、
フレンチ、
ヒップホップ等々、
それぞれのジャンルにフェイバリット一人二人いるんだけど、
テクノ系にはまだいなくてねえ。
なんかオススメない?
テクノのキース、
クラブのジョ二サン、
アンビエントのゲンスブール的存在・・・

あ、パク森はレトルトね。

いや、だからオレもテクノはくわしくないのよ。
テクノっつう枠組みに簡単におさまるような人はあまり好きじゃないし。
基本的にsuzukiskiが好きなだけで。
ゴロの好みとなると、ますます分からないw

王道ではない邪道なメロディ(ふつうに置いとけばただのゴミのような旋律)を錬金することができる魔術師のような音楽家ってところでしょうか。

うーん、なるほど。
しかしますますわからんなー(笑

突然ですが、
マイスペで人のページにコメント書くとき、コメントの脇に画像アップする方法知ってる?

知らないなあ。
オジーのところで調べればのってるんじゃないかなあ。

オレあれで感動しました

オレも見ましたー!
マドナルドで働くダニエルね!
父親と乗ってたセスナの話とかやばいスよねっ!!

ホント存在がハプニングな人だよね
しかし改めて聴いてもいい曲!
何言ってるかわかんないけど
WICKED WORLDのメロディーなんかは泣きたくなる

意外とこの人がめざしてるトコは
けっこう「人気ポップスター」をイメージしてるみたいだけど
存在がハプニングだから、ああなっちゃうんだ

その「イメージする自分」と反する「現実の自分」が
彼の場合、極端なギャップがあって
そこを映画では彼のブルースとしてよく描かれていたと思う


やはり観てたかー。
セスナね(笑)。

本編とは別に、ローリーっていう初恋の人と何十年かぶりに再会するシーンがあってさ。
ローリーはすでに離婚していて、ダニエルがハグしながら「結婚しよう」連呼(笑)

もう最高に美しかったよ。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://kenisdead.blog79.fc2.com/tb.php/56-4cbad276
プロフィール

keiichi hikichi

Author:keiichi hikichi
音楽を作ったり、料理をこしらえたり、犬を散歩したり、国語を教えたりしています。
メノルカ島に住みたい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。